Good DIARY

【個別指導部 武藤先生】

2人の子どものお話

皆さんこんにちは!

Good半田北校の武藤です。

今回は確率の話をしようと思います!

中学生で始めて確率というのを勉強しますが、大人でも間違える確率の問題です。

問題としてはわかりやすい問題なので、確率を学校で習ってなくても1度考えてみてください。

問題

ある家庭に子どもが2人います。子どものうち1人が男の子であるとき、2人とも男の子になる確率はいくつでしょう?(※ただし、男の子と女の子が生まれる確率は同じとする。)

どうでしょうか?皆さんだったらどんな答えを出しますか?

もしこれじゃないか??という答えがありましたら、是非先生たちに聞いてみてください。