Good DIARY

【個別指導部 川田先生】

合格発表間近

こんにちは。Good常滑校の川田です。

さて、公立高校入試も終わり、ついに17日に合格発表が控えていますね。

常滑校からは、常滑高校をはじめ、横須賀高校、東海南高校、名古屋南高校、阿久比高校など様々な学校を受験した生徒がいます。

本人やご家族はもちろんのことだと思いますが、1年間指導を続けてきた私も、講師たちもドキドキしながら発表を待っています。

ほとんどの人にとって人生初めての入試で緊張したと思いますが、あとは結果を待つのみです。

受験に「絶対」はないので、思いもよらない結果が待っているかもしれません。しかし、受験生の皆さんにかならず頭に置いておいてほしいことがあります。それは、「第一志望に受かったから勉強は終わりだ!」と思ったり、「第一志望に行けないからもう終わりだ...」と考えたりするのはしないでほしいということです。

高校入試では大学進学に向けたスタート位置が決まっただけの事です。そこで、気を緩めてしまえばどんなにいい高校に進学してもズルズルと落ちぶれていってしまいます。逆に自分が思った高校に進学できなくても、そこから本気で頑張れば将来の夢にぐっと近づけます。

高校での3年間は中学校での3年間よりもはるかに密度が濃く、楽しいことも多いです。しかし、勉強は大変で授業についていくのにも苦労します。みなさんは高校で楽しい事だけをして3年後に苦労する方と、文武両道で頑張りながら将来に向けてコツコツ努力する方、どちらを選びますか?

コツコツと頑張りたい人のためにGoodの先生たちは高校進学後も皆さんをサポートしていきます。春期講習では高校の予習も行います。周りの人と差をつけてスタートを切れるよう、これからも一緒に頑張っていきましょう!